阿佐谷幼稚園の歴史

阿佐谷幼稚園は1925(大正14)年、高崎能樹牧師によって設立されました。
高崎牧師は、独創的な保育教材の創案や日本最初の保育雑誌を刊行するなど、日本における幼児教育の先駆者のひとりです。その教育の中心には、キリスト教精神に基づいた真の人間教育にありました。
そのために幼稚園の卒園生のために日曜学校(教会学校)に力を入れ、生涯教育を目指してきました。さらに、「教育は母親から」という考え方にたって、日本最初の「母の学校」を開きました。それは今も続いています。

1925年10月1日 高崎能樹牧師、阿佐谷幼稚園と日曜学校を開設。
園児26名。当時の阿佐ヶ谷は武蔵野の面影をとどめ、河北病院からけやきプールにかけての一帯は水田、杉森中のあたりは杉林(ラッパの森)、馬橋公園・馬橋小・NTTの一帯はすすきの原であった。

1926年10月 東京都認可
1935年10月 2代目の園舎、新築される
1936年 4月 「母の学校」開始
1944年 4月 戦時下、阿佐ヶ谷戦時託児所となる
1945年 9月 阿佐ヶ谷幼稚園に戻る
1950年10月 創立25周年記念会
1954年 3月 阿佐谷東教会付属幼稚園となる
1955年10月 創立30周年記念会
1965年 3月 住居表示実施に伴い、阿佐谷幼稚園(ヶを除く)と表記する。
1965年10月 創立40周年記念会
1996年夏 園舎大規模補修工事
2005年10月 創立80周年を迎える。記念式典を挙行
2006年 4月 創立80周年記念行事の最後を飾る「倉本聰講演会」を開催
2008年 7月 園舎耐震補強工事実施
2011年 9月 礼拝堂園舎新築工事着工(保育は仮園舎にて)
2012年 9月 新築礼拝堂園舎使用開始
2013年 3月 園庭整備実施
2015年10月 創立90周年を迎える。記念式開催
2017年 4月 子ども子育て支援法に基づく「特定教育・保育施設」(施設型給付を受ける幼稚園)として運営開始

阿佐谷幼稚園について

クラス数と園児数
満3歳児(10名)1クラス、年少3歳児(15名)2クラス、
年中4歳児(30名)1クラス、年長5歳児(30名)1クラス


スタッフ 園長、専任教諭5名、嘱託教諭1名、非常勤講師5名、保育助手2名、事務職員1名
園医、歯科医、学校薬剤師(それぞれ嘱託)

阿佐谷幼稚園のうた

作詞 阿佐谷幼稚園園児
作曲 飯田和子

1、朝から笑顔で さわやか あいさつ
  おはよう おはよう おはよう
  ひまわり太陽 まんまる笑顔 ハレルヤ
  神さまよろこぶ にっこり笑顔
  みんななかよし あさがやようちえん

2、アッハハハ プンプンプンプン なきべそかいても
  おはよう おはよう おはよう
  やさしい心で 手をとり ごあいさつ ハレルヤ
  神さまうれしい ありがとう
  みんなで遊ぼう あさがやようちえん

3、どろんこ 木のぼり かくれんぼ 大好き
  おはよう おはよう おはよう
  ころんで泣いても ケンカで怒っても ハレルヤ
  神さま 守ってくださる
  みんな大好き あさがやようちえん

(2003年9月制定)
メロディもなかなか素敵です。音楽を聴きたい方はこちらから(MIDIファイル、9.3KB)

このページの最上部に戻る

このページの内容

園庭の夏みかんの木と
アゲハの幼虫

所在地・連絡先

〒166-0001
東京都杉並区阿佐谷北5-13-2
TEL:03-3339-8401
FAX:03-3339-8402
e-mail:
asagayayouchien@asagaya-higashi.org
企業等からの営業目的の電話・ファクス・メールはご遠慮ください。