阿佐谷東教会の歴史
 
 
1925年10月高崎能樹牧師、阿佐谷幼稚園および日曜学校開設
1927年 3月高崎能樹牧師、大人の礼拝開始
1929年11月17日阿佐谷伝道教会建設式(初代牧師:高崎能樹)
(日本基督教会青山教会伝道所として)
1934年7月日本基督教会阿佐谷教会として独立
1935年10月2011年夏まで利用した阿佐谷幼稚園園舎建築
1937年11月小金井伝道所開設を決議
(現在の日本基督教団小金井教会)
1941年11月日本基督教団成立に伴い、日本基督教団阿佐谷東教会と改称
1942年1月高崎毅氏、伝道師に就任
1946年4月高崎毅牧師、主管者に就任
1954年阿佐谷幼稚園が正式に教会の付帯事業となる
1959年11月礼拝堂完成、献堂式
(これまでは幼稚園舎で礼拝)
1967年5月雨宮栄一牧師、主任担任教師就任
高崎毅牧師は副牧師
1972年9月宗藤尚三牧師、主任担任教師就任
1977年10月高倉徹牧師、主任担任教師就任
1983年4月愛澤豊重牧師、主任担任教師就任
1986年4月高橋敬基牧師、主任担任教師就任
1989年10月教会創立60周年
1992年3月高橋敬基牧師、農村伝道神学校校長就任のため辞任
1993年4月矢吹一夫牧師、主任担任教師就任
1999年4月日本基督教団西東京教区発足
(これまでは東京教区西支区であった)
1996年8月教会全体サマーキャンプ(子どもも大人も一緒に)
これは3年間続けて行った(御殿場・東山荘)
1999年10月教会創立70周年
2004年3月矢吹一夫牧師、辞任(本所緑星教会へ)
2004年4月坂下道朗牧師、主任担任教師就任(北柏めぐみ教会から)
2005年10月付属阿佐谷幼稚園が創立80周年を迎える
2009年11月教会が創立80周年を迎える
2011年7月1935年築の園舎、1959年築の礼拝堂、1980年頃築の牧師館を解体し、新築工事を開始
2011年7月から8月阿佐ヶ谷教会との合同礼拝(歴史的!)
2011年9月建築中は仮設建物で礼拝、平日は同じ場所で幼稚園の保育を行う
2012年9月礼拝堂・園舎・牧師館竣工
2012年11月献堂式を行う